ご飯のカロリーが半分以下になる炊き方と、その他、ココナッツオイルのレシピ

P1190750.jpg

南国風味 食欲中枢が満たされる ノンフライドポテト

ココナッツの風味のお蔭?
不思議と4-5つ食べるだけで、満腹感が得られる。

作り方

1: 綺麗なジャガイモを洗い、皮つきのまま切る。
2: ビニール袋に、ジャガイモと湯煎して溶けたココナッツオイルを、
適量をいれて(私は小さじ1/2で十分)、混ぜる。
3: 250度のオーブンで20-30分焼く。


ちょっと、遅まきながら、ココナッツオイルでお料理をしてみました。

ミランダ・カー-が、火付け役だったせいか、一時は品薄でしたが、
最近は手に入るようになりましたよね。


ココナッツオイルの効能は、ざっくりとこう、

・ 体脂肪の燃焼(中鎖脂肪酸が豊富。左記油は体内に蓄積しにくいから)
・ 便秘解消
・ アンチエイジング効果(抗酸化作用による)
・ コレステロール値を下げる(ラウリン酸効果)
・ 免疫力を高める(ラウリン酸効果)
・ 甲状腺機能を正常にする(健康維持に必要なホルモン)



   
エクストラヴァージンココナッツオイル 
オーガニック 低温圧搾、真空分離法使用


使用したのは、有機JAS認定、オーガニック、無漂白、
無添加の
とれたてフレッシュなココナッツオイル。

今まで3つのココナッツオイルを少量譲って頂いたり、サンプルを使用したりして、
試しましたが、当オイルが、一番質が良かったです。

安い物は、臭かったり、農薬使用品だったり、精製品(効果が低い)だったり、
あと、サラサラ感がなく、妙なトロみがあったりしました。

当オイルは、流石、メーカーの自信の品って感じですね。

安価品より、数百円高くても、香りが良いので、使用量も、少量で
すむので、私なら、喜んで支払える質でした。




先日のランチ。
アイランドチルと、パンプキンと豆腐ケーキ。


このケーキは、ローカロリー低糖質です。粉ゼロ。
今回、ココナッツオイルを入れたら、風味がまして、脳が満たされました。

水きり木綿豆腐、マッシュしたかぼちゃと、甘味料、そして湯煎したココナッツオイル
をフードプロセッサーにかけて、180度のオーブンで30分焼きました。





さて、お待たせ?しましたタイトルの内容となります。

先日、アメリカで行われた学会で、
「ご飯のカロリーが半分以下になる炊き方」が発表されましたよね。

度肝を抜かれたというか、最初は、信じがたい発表でしたが、
なんとなく納得のいく理由付だったので、

一番試したかったココナッツオイルの調理方法でした。


炊き方:

1. お米1カップに対し、ココナッツオイルを小さじ2杯入れる。
2. ココナッツオイルを少量のお湯で溶かし、米に投入。
3. 普通に炊く。
4. 炊き上がった米を冷蔵庫で12時間寝かせる。

出来上がったご飯は、意外と何にでもあうのにびっくり。

和洋中と試しましたが、美味しく頂けました。
子供は、こっちの方が美味しいと言っていました。

※カロリーが半分になる理由は長いので、ページ下部にて記載します。




不思議!アスパラなのにコーンの味がする炒め物


ココナッツオイル+お塩少々で炒めると、アスパラの甘味が、
さらに引き出てスイートコーンの様な味になりました。

良い所だらけのココナッツオイルにも、一点弱点があるの。

それは、20~25度以下で 固形になるので固るので、
寒い時期は、湯せんで溶かしておく必要があるの。





解ってはいたのに、つい忘れてこんな失敗を!

いちご+ラズベリーの豆乳スムージーを、ハワイ気分で飲みたくて。
つい、フープロにいれたら、案の定、オイルが固まりました。

勿体ないし、オイル、そのままをミランダ・カーは、
食べているようだから、捨てずに飲んだけどね。



さて、次は、ココナッツオイルの選び方と種類を紹介します。

1: 「ココナッツオイル」と
2: 「ヴァージンココナッツオイル」
3: 「エキストラヴァージンココナッツオイル」


1は、高温精製、漂白工程、脱臭工程を加えていて、
精製過程でせっかくの良い成分がほとんど破壊されるから、NG。

2と3は、無精製、無添加、非加熱抽出ため、
体に良いから、こちらを選びましょう。

ちなみに、

「エキストラ」がつくと、グレードが高いのが一般的ですが、
日本においては、は表記規制がありませんので、
好きに名前を入れてOKなんだとか!

故に、エキストラかどうかは問題ではない!と書くサイトが多いのですが、
気になったらとことん気にするタイプなので、

私は安心料だと思って、エキストラ付を選びました。




※ ご飯のカロリーが半分になる理由

炭水化物は、小腸でブドウ糖とそのほかの単糖に分解され体に吸収されていく。
お米には「消化性デンプン」と「難消化性デンプン」の2種類が含まれている。

うち「難消化性デンプン」は小腸では分解されにくい。
つまり、お米の消化性デンプンを難消化性に変えることができれば、
実質的なカロリーの摂取量を減らすことができる。

というのが研究者の考えみたい。

ココナッツオイルは、お米の調理中にデンプンの粒に入り込み、
その構造を消化酵素に耐性がでるように変えてしまう。

つまり、消化されにくいご飯(カロリーがカットされた)ができるというわけ、

なのだとか。

以上!長々と書きましたが、ミランダ・カーの様な、細いけど、
胸のある素敵なボディーになれるかも?なレシピの紹介でした。

   
→エクストラヴァージンココナッツオイル 

 

ランキングに参加中!クリックいただけると嬉しいです

br_decobanner_20110430114446.gif
  にほんブログ村 美容ブログへ
ctrl+クリックで簡単応援



関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reesha.blog20.fc2.com/tb.php/1400-9bbe10d1